sagi's official site

幼年期、
エレクトーン教室にてビートルズナンバーを体験。
ワインディングロードがお気に入りのおませな5歳。
しかしビートルズの音はこんなんじゃ無いとエレクトーンに対し急激に冷める。

小学4年、TVから飛び出してきた<いけないルージュマジック>に衝撃を受け、
まるでジョンベルーシのように清い光に包まれる。
生きてる間は<いけない>事ばかりをしようと決め、
エレクトーンをギターに持ち替えた10歳の夏。

この頃、
自室にてピート・タウンゼント級のエアギターを炸裂させている現場を
母親に数度目撃されるという事件を起こしている。


数年後、
学校はもういいやと見切りをつけ上京。
当時激渋だった吉祥寺にてブルースやR&Bの洗礼を受ける。
スタイル的にはフォークブルースを追求する傍ら、
1990年に念願のローリング・ストーンズの初来日公演を東京ドームにて体感し、
Bandの魅力を再認識し地団駄を踏む。
1993年、StaxSoul等に代表されるアメリカン南部サウンドを軸に、
日本語で歌うをテーマとした<The Volt>を結成し。
下北沢club251等で活動を開始するも、
98年更なる飛躍を求めると言い放ち解散。

2002年、満を持して<Tremolo`55>を結成。

精力的にライブ活動を続け、
2003.11.25: 1st Album「トレモロな夜の唄会」を完全ライブ盤で発売
2005.03.25: ジャンプブルースを自己解釈した2nd mini Album「Jamp&Walk」を発売
2006.07.05: exピチカートファイブの高浪敬太郎氏にプロデュースを依頼した3rd mini Album 「single malt」発売
2009.11.01: 待望のフルアルバム2nd Album 「a dozen drinkers」発売
紆余曲折を経て、2011:tremolo`55解散。

解散後、弾き語りにてキャリアリスタート。
ラグタイム、フォーク、デルタブルース等の
おなじみの牧歌的サウンドに乗せ、
日々の暮らしに転がる小さな事から大きな事まで、
生活者の目線で歌い始める。

現在も精力的に東京を中心として日本中にて活動中。

ライブ等のお誘いは下記GMAILよりよろしくお願いします
© 2011-2015 sagi-songs.com
loading